それは

 

まるで 全体 を見ているようで

 

ひとつひとつ の 細部 のようである

 

まとまりとして 見ていたものが

 

別々の 色 や 形 で蠢き合い

 

 

いつしか それが   “ 個人”  の 集まり であることに 気づくだろう

 

 

自らの 意志 と 想像 を信じ

 

自らの 人生 を 追求 し続ける 者達 が

 

利己的 でなく  全体の一部 でもなく

 

1人の 人間 として 世の中 に働きかける

 

 

その時に発せられる エネルギー と

 

生きる 環境 への 想い が 引き寄せ合う 

 

 

魂 と 空間 が 想像し合う “ 場 ” なのだ